グラフィックデザインの価値とは

世の中のものは全てデザインされている

世の中に存在している全ての物はデザインが行われており、実用性を重視していて一切見た目に拘っていないものに見受けられたとしても、使いやすさを高めるという仕組みが行われています。 しかし、突出してブランド力が感じられたり、特別なイメージに感じられない限り、あえて拘りを持っているとは思われないものなので、説明に苦慮する場合が多いですし、中には価値観が無いと思われてしまう事もあります。

ただし、存在している全ての物に対して言えるのは、全く価値観が無いものは存在せず、必ずブランド力を高めるといった付加価値の能力を有しています。 そもそも、グラフィックデザインを実行するのは2つの意味を持っており、それは設計と意匠ということになります。 設計は完成に向けて必ず求められる性能や機能を盛り込むことを検討して、どういった構成をしていけば良いのかを考えるものです。 意匠は工業製品や美術、工芸といったいわゆる付加価値であり配置や形、色や模様などによりブランド力に直接的に影響していきます。

こうした事実がありますが、一般的な消費者とデザイナーの間には差異があると言っても過言ではない状態であり、一般ユーザーは外見上が美しかったり機能性が高いと優れたプロダクトだと判断し、結果的にブランド力も高いと見なします。

ところが、デザイナーにおいては物理的に見えない面やバックボーンにも目を向けているので、汲み取ってほしい意図がなかなか理解してもらえない現実があるものです。 このような様子に長年頭を抱えてきたのですが、近頃は社会が豊かになったことにより、それぞれのアイテムが持っている意図を追い求める方々が増加傾向にあります。

しかも、情報収集するのはインターネットであるので、追加費用を支払わずにブランドが何を伝えたいのかを理解できるようになり、持ち合わせている付加価値もしっかりと受け取れます。 そのため、作成者としては以前よりも奇抜な物が生み出しやすくなったという声もあります。

ロゴマークとブランディングの大切さ

新たなブランドが誕生し、生き残る為に、ロゴマークは大切な企業戦略の一つです。ブランド立ち上げにあたり、その知名度を上げ、顧客にとっての価値を高め、成長と維持を目的としたマーケティング戦略を、ブランディングといいますが、企業の新たなチャレンジの成功の鍵は、ブランディングとロゴマークが握っていると言っても過言ではありません。

ポスターやチラシなどの紙広告の強み

広告には色々な種類がありますが、紙を使ったタイプのものには特徴があります。 最近はネットを使ったものも増えていますが、紙を使う広告にも良さがあるため利用価値が高いです。 紙を使ったものとしてはポスターやチラシがありますが、この2つはデザインのしやすさがあります。

グラフィックデザイナーの仕事とは

グラフィックデザイナーの仕事とは、大きく表現するとデザインを通じて情報を伝えるための仕事を指します。書籍や雑誌の表紙や雑誌に掲載されている広告、企業のポスターやパンフレットなど、デザインに関わること以外に、それらの企画を行うことも仕事に含まれています。

グラフィックデザインの製作依頼に必要な情報

私達の身の回りには、様々な形やデザインで、色々な情報があふれています。あらゆる物にデザインは施され、視覚的に、私達に様々なメッセージを訴えかけて来ます。そのようなデザインの一つがグラフィックデザインです。

LINKS

フライヤー・パンフレット依頼

デザイン制作はASOBO DESIGN

フライヤーデザイン依頼

フライヤー制作のMOSH DESIGN