ロゴマークデザインのポイントを押さえた作り方

ロゴマークのデザインを考えるにあたり、まずはなぜロゴが必要なのかという事を考えてみましょう。商品やサービスには必ずその商品の強みや、他の物とは異なる魅力があります。言葉だけでそれを説明すると長くなってしまうし、出来る限り多くの人に同じイメージを持ってもらいたいという場合に有効となるものがロゴマークです。ロゴマークのデザインはそのイメージを作り上げて、人々に伝える役割を持ちます。

ロゴマークのデザインのポイントを押さえた作り方として、まず第一に独自性があげられます。オリジナリティーを持っていて、類似や模倣がないかどうかも確認することが大切です。そして伝えたい思いが形として表現されているかどうかです。良いロゴマークのデザインは、その形から思いやメッセージが簡単にわかるようなデザインになっていると言えるでしょう。またインターネット上でも紙の広告でも、フルカラーであってもモノクロであっても、さらにはサイズに大小があったとしても再現できるようなデザインになっているかどうかも大切です。もしも小さく表示してみた時に一部分が潰れてしまったり、印刷では表現する事が出来ないが出来ない色を使っていては、そのロゴマークは台無しになってしまうでしょう。

ロゴ作成 はこちら