グラフィックデザインの製作依頼に必要な情報

私達の身の回りには、様々な形やデザインで、色々な情報があふれています。あらゆる物にデザインは施され、視覚的に、私達に様々なメッセージを訴えかけて来ます。

グラフィックデザインとは

そのようなデザインの一つがグラフィックデザインです。グラフィックデザインとは、平面上に表示される文字、画像、配色を使用して、情報やメッセージを伝達する事を目的に制作されたデザインの事を言います。量産的に印刷される事を前提としており、ポスターや、新聞広告、雑誌広告、ダイレクトメール、包装紙、ギフト箱、パンフレット、書籍、雑誌、新聞、カレンダー、地図、図表、レコードジャケット、封筒・便箋などの事務用品に至るまで多岐に渡り、市民生活に欠かせない情報ツールです。

グラフィックデザインは、デザイン事務所や広告制作会社、印刷会社デザイン部のグラフィックデザイナーが担当し、フリーランスで活躍するデザイナーもいます。広告代理店や、出版社、個人経営の店舗などから依頼を受け、クライアントの意図を充分に伝える事の出来るデザインを目指し、製作します。その為に必要な情報は、以下の通りです。

 

デザイン制作のプロセス

ポスターなどの広告を作るプロセス

例えば、イベント告知のポスターを作るとします。まず、文字で伝える情報として、イベント名、開催地、開催期間の情報が必要です。次に、画像の情報として、イベントのジャンルや雰囲気、ターゲットは誰であるか、アピールしたいポイント、もともと持っている素材としての画像やロゴなどの情報をまとめます。そして、紙の大きさ、印刷の色の数、枚数、予算、納期、校正方法は紙かメールかなど、細かい点までクライアントと打ち合わせします。そのあと、インターネットなどで資料を集め、デザインの構想を大まかに作ります。そして、クライアントが世間に伝えたいメッセージを十分に表現するデザインを生み出すために、校正を繰り返し、完成させます。

クライアントの意図やメッセージを一つの平面に落とし込み、人々がひと目見ただけであらゆる情報を感じ取る事が出来たら、そのグラフィックデザインは成功と言えるでしょう。