グラフィックデザイナーの仕事とは

グラフィックデザイナーの仕事とは、大きく表現するとデザインを通じて情報を伝えるための仕事を指します。書籍や雑誌の表紙や雑誌に掲載されている広告、企業のポスターやパンフレットなど、デザインに関わること以外に、それらの企画を行うことも仕事に含まれています。そのため、豊富なアイデア力が必要とされ、どれだけ他とは異なる斬新なアイデアを提供することができるか、そのアイデアを形にすることができるか、それが優秀なグラフィックデザイナーか否かの分かれ道となるといっても過言ではありません。

 

デザイナーのキャリアプラン

グラフィックデザイナーのキャリアについて

広告代理店や広告制作会社、デザイン事務所や印刷会社のデザイン部門など、グラフィックデザイナーとして勤務する場所は数多くあり、そこで社員やアルバイトとして経験を積んだ後、フリーとして独立して活動する人も少なくありません。グラフィックデザイナーというと単独で作業を行うイメージがあるかもしれませんが、制作するデザインによっては、イラストレーターやコピーライターとチームを組むこともあり、数多くの人たちとコミュニケーションをとりながら、作業を円滑に進めていくことができるスキルも必要とされます。また、デザインの依頼主から修正を命じられることも多く、求められるものに対して柔軟に対応する根気強さも必要不可欠といえます。

 

グラフィックデザインに必要なスキル

グラフィックデザイナーになるための特別な資格といったものは存在しませんが、デザイナーの多くは美術系の大学や専門学校でデザインを学び、その後広告代理店や広告制作会社などへ就職する道が一般的と考えられます。グラフィック系のソフトを操作できるスキルが求められるため、IllustratorやPhotoshopのソフトの知識は身につけておく必要があります。グラフィックデザイナーには美的センスが求められますが、経験によって感性が磨かれていくという考えもあり、まずはアシスタントとして経験を積んでいくことが重要だと考えられます。